2月 « 2015 « ジャスティンヒーラー

2015 年 2 月 のアーカイブ

DV調査の費用

2015 年 2 月 23 日 月曜日

配偶者や恋人など親密な関係にある、又は親密な関係にあった者から振る舞われる暴力をドメスティックバイオレンス、略してDVといいます。何をDVというのか、明確な定義はありません。配偶者といっても、必ずしも婚姻関係にある者を示しているわけではなく、事実上の婚姻関係に当たる者も含んでいます。親子間の暴力も含め、DVと呼ぶ場合もあります。けれども、DV被害の内容として最も多いのは夫が妻に振るう暴力です。夫が妻に振るう暴力ならある程度は仕方がないという社会通念、仕事をして稼いでいる夫が妻よりも上の立場になってしまうという男女の経済的格差、他にも個人の問題として片付けられないような構造的問題も大きく関係して、DVの原因となっています。しかし、あくまでも家庭内の問題でしかなく、DV被害者は加害者の支配下に置かれてしまう傾向にあり、DV問題を早急に解決することが難しいのが現状です。どうしたらいいのかわからないと思っているうちに、DVはエスカレートするばかりで、命を脅かす程の問題にまでなってしまうこともあるのです。DV問題には一刻も早い対処が求められます。なのでまず、探偵事務所などにDV調査を依頼してみてはいかがでしょうか。夫にバレるのが怖いと思う方もいるでしょう。けれども、探偵はプロです。誰にもバレることなく調査を行い、DVの証拠を掴んでくれます。その後は裁判所、弁護士等、解決策へと導いてくれるでしょう。費用は平均的に50,000円前後と考えていいでしょう。1人で悩まず、問題が大きく鳴ってしまう前にまずは相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。

DV調査の調査内容

2015 年 2 月 16 日 月曜日

夫婦間または恋人間で起こる暴力行為、またはそれに値する行為により、被害者が加害者の支配下にあたる関係になってしまうことをドメスティックバイオレンス、通称DVと呼びます。発生する場所が隔離された家庭内や生活空間であることから、解決策を見出すことが難しいことも、DVの特徴です。内閣府が行っった過去の調査報告ですが、結婚を経験した女性のうち、全体の約4割が夫から性的行為の強要を含めたDV被害を受けたと回答していました。被害にあった女性の半数は、周囲に相談することが出来なかったと答えています。夫にばれたら暴力がさらにエスカレートするかもしれないという恐怖心が、DV問題の解決を遅らせているのが現状です。けれども、放っておいて解決する問題ではありません。DVによる暴力は長引くほどに悪化するばかりで、被害者に命の危機をもたらす可能性もあるのです。DV問題から上手に逃げ出して身を守るか方法をとるべきでしょう。なので、調査に関して高い能力を持っている探偵事務所にDV調査を依頼することをおすすめします。調査内容は被害者が何を望むかにより異なります。離婚して新しい生活を立て直したい、精神的苦痛を少しでも補うための慰謝料を請求したいというのであれば、確実な現場証拠を入手する調査が行われます。どのような内容の調査にせよ、DV被害を立証する確実な証拠を入手することが調査の目的です。そして、離婚するにしても、慰謝料請求するにしても、DV被害を受けていた証拠がなければ被害者が不利になってしまいます。問題が深刻化する前にまずは一刻でも早く、DV調査を依頼しましょう。

コメントは受け付けていません。

浮気調査と慰謝料

2015 年 2 月 16 日 月曜日

慰謝料というのは請求をさせてくれないというケースもあるんです。慰謝料の支払いを要求可能か不可能かという点に関しては、専門的な知識がないとはっきりしないことが普通なので、すぐにでも弁護士に相談するのがオススメです。

(さらに…)

コメントは受け付けていません。